引っ越しはどこがいいの?

営業時代に頻繁に辞令で引っ越しして毎度ぎりぎりで、安かったのかお得だったのか振り返ることもなかったのですが、改めて冷静に考えるといろいろ詰めが甘かったなぁと反省です。(大手の2社に相見積を取って印象の良い営業マンに少し値引きしてもらって終わりw)

そこで「慌てていない状況(突然辞令ではない)」で振りかえりつつ、今どきの情報と選択方法もさまざま活用すると、、、

結論どこがいいか?と今聞かれて答えるとしたら、『一括見積り』が一番いいよーと回答しますね。

一括見積もり→ 公式サイトで詳しく見る 

理由は、一括見積は200社とかとんでもない数の引っ越し業者から3つの要素(日程・距離・量)で厳選。おおよその相場感を素人でも簡単につかむことができて安心できる。さらに、大手が最終に残ってきたらラッキー!値引きのチャンス到来です。逆に無名のところが残れば値引き交渉しなくてもかなりお得になっている可能性が大!

引っ越し見積りのコツ

よく考えればわかることなんですが、大手は広告をCMなどバンバン打つのでお金がかかっているから、その分を回収したいわけですからちょいと高めの見積りになっているということを頭に入れておく。ということは!値引き交渉の価値ありということですw

ちょっと面倒かもしれませんが、ここで諦めたらいくらか安くなるのをみすみす逃すことになります。頑張ってひとこと「もう少しなんとかなりませんか?いろいろ入用で、、、」と一言、最後の最後に伝えればいいだけです。言いづらくてモジモジしているくらいの方がいい感じの演出になりますから頑張ってみてください。

無名の業者ならCM費用などは見積りに乗せる必要はないので、相見積を取った時点でかなりぜい肉は落ちてます。注意があるとすれば大手ほど気の利いたサービスはないので、あまりピアノがあるとかバイクがあるとか他にも特殊なものを持っていたらしっかり打ち合わせをしておかないといけません。トラブルのもとです。 数年で3回ほど、辞令ではなく自己都合の引っ越しの2回は無名の引っ越し業者さんでした。(荒っぽい感じの方々でしたが、仕事はきっちりてきぱきとあっという間に作業を終えて去って行った。ちょっとかっこよかったです)

まとめ

引っ越しはどこに依頼すればよいのか悩んだら「一括見積もり」サイトで200社から厳選して、数社から相見積をとることで相場観を掴み、大手ならちょっと手間ですが値引き交渉するのは常套手段。無名の引っ越し業者さんなら、細部をしっかり打ち合わせ。

ちなみに「一括見積もり」サイトはキャンペーン(6万円!)などもあるので、自分で1社1社電話して見積りを取る手間だけでなくお得な要素もありますね。各引っ越し業者さんにしてもまとめてどんどん引き合いが来るので一括サイトにキックバックしているんだと思いますw


「引越し達人セレクト」見積り

サイト管理者:ヤドカリ

営業時代は1-2年に1度はお引越し。急な辞令でドタバタを幾度となく経験をしました。異動が決まってから見積り->業者選定&決定->諸手続き->荷造り->引越し->荷解き->後手続きについて役立つ情報を少しづつまとめて行きます。ご参考になれば幸いです。

不用品は
買取してもらいましょう♪
荷物を減らして引越しが楽になる
お小遣いもげっとゲット♪
 
© 2019 引越し安い見積り rss